1月 30 2019

日本国内で、「シアリス」「バイアグラ」や「レビトラ」もしくは「バイアグラ・ジェネリック」といったED治療薬を購入する場合、2つの方法があります。1つは、病院やクリニックに行って受診し、医師より処方されたED治療薬を購入する方法です。もう1つは、個人輸入代行業者が運営する医薬品や日用品などの通販サイトにおいて個人輸入する方法です。

3034873.jpg

インターネット上には、個人輸入代行業者が運営する多くの通販サイトが存在し、取り扱う医薬品も価格も様々です。「シアリス」のジェネリック医薬品である「タダシップ」をオンラインで購入しようとした場合も同様、選びきれないほどの通販サイトが出てくるだけでなく、値段を比較すると、価格がマチマチです。倍近く価格が違うこともあります。

国内の病院やクリニックにおいて、ED治療薬は自由診療の取り扱いなので、「シアリス」の価格は医療機関によって異なります。「バイアグラ」や「レビトラ」も然りです。しかし、個人輸入の通販サイトでの価格のように、倍近く値段が違うことはありません。「タダシップ」の価格があまりにも安いと偽物なのかと疑ってしまいます。実際に、個人輸入代行業者の運営する通販サイトでED治療薬を購入したところ、約6割の薬が偽物だったという製薬会社からの調査結果が出ています。あまり安いのは、疑ったほうがよいでしょう。

では、その残り約4割の本物のED治療薬を購入するには、具体的に何に気をつけたらよいでしょう。正直、正解はありません。ただ言えるのは、通販サイトを立ち上げるのは、コスト的にも技術的にもそんなに難しいことではありません。オンラインショッピングをオープンするのも、撤退するのも簡単なため、通販サイトが氾濫し、その中で信頼できるショップを見つけるのは至難の技です。見極めの参考になることと言ったら、そのショップでクレジットカードが使用できるか、運営会社の住所や連絡先が実在しているか、口コミが充実しているか、日本語の問合せ窓口があるか、などをまずは確認することでしょう。

しかし、安心・安全な通販サイトが見つかれば、個人輸入のメリットを最大に享受することができます。そもそもED治療のため医療機関に通院しているところは誰にも見られたくない知られたくない、というのが心情でしょう。また、加盟している保険組合に受診の履歴や処方歴が報告されることもありません。当然会社に知られることもありません。

あとは、家族に知られないようにできるかどうかです。オンラインショッピングであれば、購入履歴を見られない限りは、知られることはありません。ただ、ひとつだけ、一番の問題が、購入後、輸入手続きを経た後の受取場所が自宅になっているケースでしょう。幸いにも、通販サイトによっては、届け先を郵便局留めにできるところがあります。ご自分で、郵便局まで取りに行けば良いのです。

安心の個人輸入代行サイトはこちら→ED治療薬通販|シアリスジェネリック|お薬ラボ


通販サイトを上手く利用すれば、わざわざ病院やクリニックに出向くこともなく、安価で「タダシップ」を購入でき、さらに、家族に知られないよう郵便局留めにして受け取ることができるのです。

1月 25 2019

ED治療薬として代名詞のようにもなっている「バイアグラ」をはじめ、その後開発された「レビトラ」の両医薬品の問題点を改善し、3番目に開発製造された「シアリス」。この「シアリス」も、国に承認されたED治療薬です。

3034874.jpg

「シアリス」の特徴は、食事にもアルコールにも影響されず、有効成分「タダラフィル」の作用がはじまると最大36時間もの長い時間効果が持続することです。ゆっくり効果があらわれ持続する遅効性のタイプなので、身体への負担も軽く、大変評判が良く、大変魅力的な薬です。今や、バイアグラやレビトラをおさえて、ED治療薬のシェアを半数近く拡大しているほどです。

「タダシップ」は、「シアリス」のジェネリック医薬品として、インド大手製薬会社のシプラ社によって開発・製造・販売されました。実は、「シアリス」自体の特許は未だ切れていないため、ジェネリックが存在することはありえません。しかし、インドの特殊な特許事情により、インドでは存在しうるのです。

医薬品に関して、薬事法が関係してきますが、「タダシップ」は国内未承認薬ですので、医師から処方してもらうことはできません。また、国内の薬局やドラッグストアで販売することも不可能です。

薬事法において、海外の医薬品を個人輸入することは認められています。個人輸入した医薬品を他人へ譲渡したり転売することは禁止されています。他の人の分を一緒に、まとめて輸入することもできません。あくまでも個人で使用する目的で輸入するので、一度に購入できる量は限られています。目安として、個人使用した場合の1か月分か多くても2ヶ月分となります。そして、服用して何かあっても、自己責任で解決しなければなりません。

国内で処方される「シアリス」と比較すると、個人輸入で購入する「タダシップ」は大変割安です。相場的に、病院で処方された場合、「シアリス」20mg1錠がだいたい2,000円です。しかし、シアリス・ジェネリックの「タダシップ」20mg1錠を個人輸入代行業者の通販サイトで購入すると、およそ400円~800円です。まとめ買いすれば、1錠200円~300円ほどになり、更に安価となります。

世界中で人気の「シアリス」もシアリス・ジェネリックの「タダシップ」も、通販サイトでは偽物が結構流通しています。半数近くが偽物だったという調査結果も出ています。偽物は、有効成分が入っていないもの、劣悪な環境で製造されたものなどあり、最悪なのは有害物質が入っている場合です。ED治療薬の役目どころか、命の危険にさらされてしまう可能性もあります。偽物を掴まないためにも、安心できる個人輸入代行業者の運営する通販サイトで購入しましょう。

通販サイトの見分け方として、クレジットカードが利用可能かどうか、レビュー(口コミ)が充実しているかどうか、法人の所在地や連絡先、問合せ窓口がしっかりしているか、などを確認してみてください。

信頼できる業者かどうか見極められない方、初めてED治療薬を服用する方、初めて「シアリス」系を飲む方は、まず国内のクリニックで医師に相談並びに診断を受け、処方してもらってください。これが、一番安心で安全な方法です。一度服用してみれば、どのように効果があらわれるか体感でき、「タダシップ」を個人輸入後服用した際、比較もできます。

1月 25 2019

ED三大治療薬の「バイアグラ(ファイザー製薬)」「レビトラ(バイエル薬品)」「シアリス(イーライリリー/現在日本新薬)」は、国内では医師の処方箋が必要です。これらは、ED治療薬として、それぞれの製薬会社が長年莫大なコストをかけて研究開発し、先発薬として承認された経緯があります。

3034882.jpg

その中で、バイアグラには、後発薬(ジェネリック医薬品)が製造販売されています。日本の医療機関で処方されるバイアグラのジェネリック医薬品には、東和薬品の「トーワ」、陽進堂の「YD」、あすか製薬の「あすか」、富士化学工業の「FCI」、キッセイ薬品工業の「キッセイ」、大興製薬の「DK」、シオノケミカルの「SN」、武田テバファーマの「テバ」などが存在します。いずれも、国内で承認されています。医療機関によって、取り扱っているジェネリック医薬品は異なります。

しかし、「レビトラ」と「シアリス」の正規ジェネリック医薬品は存在しません。(2018年11月現在)レビトラについては、そろそろ特許が切れる頃なので、厚労省に認可されたジェネリック医薬品の承認薬が出る頃では、と噂は立っているようですが、実際は未だのようです。つまり、国内では、医師より処方を受けることができません。薬局やドラッグストアで手に入れることもできません。逆に、未承認薬を医師が処方、もしくは薬局などで販売することは、薬事法で固く禁じられているのです。

承認薬は、病院やクリニックに行って、保険証を提示し、医師の診断を受け、まず処方箋をもらいます。処方箋があれば、院内処方もしくは薬局で「バイアグラ」「バイアグラのジェネリック医薬品」「レビトラ」または「シアリス」というED治療薬の正規薬を手にすることができます。

そんな中、未承認薬を、海外から、本人が個人利用する目的で輸入することは、薬事法で認められています。あくまでも、個人での利用であって、輸入した薬を譲渡、転売することは禁じられています。そして、この場合、処方箋は不要になります。

個人で輸入するには、インターネットの通販サイトで購入する方法が簡単です。価格も割安です。個人輸入代行業者が運営する医薬品等の通販サイトが、インターネット上にはたくさん存在し、国内でオンラインショッピングするような感覚で購入できます。日本語で表記されていますし、中には、日本語でメールや電話で問合せが可能なサイトもあります。

個人輸入の場合、処方箋も保険証も必要がないため、医療機関やクリニックに行って、医師の診断を受けて、処方箋をもらって、薬局に行って、という一連の流れが一切なくなります。誰にも会わずに、オンラインで発注するだけで、ご希望の場所に届けてくれます。個人輸入の頻雑な手続きも、個人輸入代行業者の運営する通販サイトでは、対応してくれますので、発注後は待っているだけでいいのです。

ただ、気をつけなければならないのは、通販サイトでは、実物を見ることができない点を悪用し、世界的に人気のあるED治療薬の偽物を流通させる悪徳業者が存在することです。信頼できる通販サイトを目利きして、偽物をつかまされないようにご注意ください。

1月 21 2019

「タダシップ」は、ED治療薬で日本国内では正規薬として処方される「シアリス」のジェネリック医薬品です。

「タダシップ」と「シアリス」の大きな違いは、2点あります。
まず、「先発医薬品」と「後発医薬品」の違いです。「先発医薬品」は、最初に発売された薬で新薬とも呼ばれます。それに対し、「後発医薬品」は、先発医薬品の20から25年にもわたる特許期間終了後に発売されるもので、同じ成分、同じ効能効用の薬で、ジェネリック医薬品とも呼ばれます。

3029832.jpg

「ジェネリック医薬品」も、先発医薬品と同じく、様々な基準を遵守され製造されています。通常は、「ジェネリック医薬品」も、厚労省で、品質・有効性・安全性について審査されます。先発医薬品が、承認されるまでに、長い年月莫大な研究開発費をかけて作り上げたのに対し、ジェネリック医薬品は、すでに有効成分がわかっているため、研究開発コストが低くでき、安く製造できます。そのため、患者さんが買う時の値段が安いのが、大きな特徴となります。

そして、「タダシップ」と「シアリス」のもう1つの大きな違いです。
「シアリス」の特許について、実は特許が満了になっていません。そして、「タダシップ」は、厚労省の承認を得ていないので、国内で医師が処方することも、薬局で販売することも禁止されています。

では、「タダシップ」はどうしてできたのでしょう。
これには、インドと言う国の特許に関する特殊事情というほかありません。世界的に、通常は、特許の満了後、ジェネリックを製造販売してよいことになっています。しかし、インドでは、製法特許は認められていますが、物質特許は認めていません。つまりこれは、インドの製薬会社が、独自の製法を開発しさえすれば、先進国の製薬会社が多額のコストをかけて開発した先発医薬品を、ジェネリック医薬品として合法に製造販売することが可能なのです。このような事情から、「シアリス」のジェネリック「タダシップ」が存在しうるのです。

「シアリス」の効用効能は、世界でED医薬品市場でのシェアを伸ばしていることから、その優位性が高いことがわかります。食事やアルコールの影響をあまり受けず、服用後の効果が最長36時間といる驚異的な持続力も、大変魅力的です。ゆっくり効果があらわれることから、身体への負担も軽減されています。

では、一番気になる効果効能に違いはあるのでしょうか。「シアリス」と同じ有効成分「タダラフィル」を同量含有している「タダシップ」は、基本的に「シアリス」同様の効果効能があります。ただ、有効成分以外の成分が全て同じだとは限らず、若干異なる場合がありますので、その他の成分の影響で効果に違いが出ることも、ないとは言い切れないでしょう。

以上、まとめますと、大きな違いとしては後発医薬品「タダシップ」の値段が安いことがあげられますが、有効成分が同じなので効果効能は同じとなります。また、「タダシップ」を購入するには、海外から輸入するほかないので、信頼できる通販サイトを見極めて購入するようにしてください。

1月 21 2019

「タダシップ」は、ED治療薬「シアリス」のジェネリック医薬品です。日本では、正規薬として「シアリス」が厚労省より認可がおりており、各医療機関で処方してもらえます。それに対し、「タダシップ」は、未承認薬ですので、医師より処方されません。これは、「シアリス」の特許が満了になっていないため、世界的にジェネリック医薬品(後発薬)を製造販売してはならないことになっているからです。

65214674.jpg

しかし、先発薬「シアリス」に、後発薬「タダシップ」が存在しうるのは、世界的にも特異なインドだけです。インドでは、特許に関して、特殊な事情があり、製法が異なれば、同様の成分を使って医薬品を製造販売することができるのです。
「タダシップ」に関しては、インドの大手製薬会社のシプラ社が、製造販売しています。

「タダシップ」の効果効能については、「シアリス」と同じ有効成分「タダラフィル」を同量含有していますので、同じ作用をします。性交の約3時間前に水またはぬるま湯で服用し、効果が現れ始めると、その効果は最大36時間持続します。
また、服用の際、食事やお酒の影響を受けるため、空腹で服用しなければならないバイアグラやレビトラとは異なり、シアリスのジェネリックである「タダシップ」は、食事もアルコールもほとんど影響を受けることがありません。パートナーとデート中に、食事やアルコールをたしなむことができ、自然とロマンチックなムードに持っていくことができます。「タダシップ」はゆっくり身体に吸収され、作用していくので、身体への負担が軽いのも特徴です。持続時間が長いため、焦ることなく、リラックスした気分でパートナーと自然にセックスが可能になります。

「タダシップ」は医薬品ですので、副作用があります。ただ、即効性タイプのバイアグラやレビトラより、遅効性であるがゆえに、副作用も軽いようです。頭痛、ほてり、紅潮などが副作用として報告されています。

飲み方の注意点として、一回服用したら、24時間以上空けて、次回服用するようにしてください。グレープフルーツやグレープフルーツジュースと一緒に飲まないでください。他に、併用できない薬や服用してはいけない体質もしくは病歴もありますので、心当たりのある方や不安な方は必ず医師に確認してください。

「タダシップ」には、併用できない医薬品があります。狭心症や心不全の治療薬を服用している方は、併用して飲めません。不整脈や著しい高血圧や低血圧の方、腎臓や肝臓に障害のある方は、服用を避けたほうが良いでしょう。禁忌の医薬品がありますので、持病をお持ちの方は、服用してもよいか医師に必ず相談してください。他に、6ヶ月以内に心筋梗塞や脳梗塞などを発症された方も服用を禁止されています。有効成分「タダラフィル」に血流を良くする効果があり、症状によっては、この作用が身体に悪影響を与える可能性があります。薬のことで心配な方は、服用する前に、医師に必ず相談してください。

「タダシップ」を購入したい場合、残念ながら、日本国内で入手することはできません。未承認薬なので、国内で処方されず、薬局やドラッグストアに並ぶこともありません。手に入れたい方は、海外から輸入するしかありません。個人での利用に限り、医薬品の個人輸入が薬事法で認められています。ですので、個人輸入した海外の薬を、国内で譲渡や転売することは、法律で禁じられています。
インターネット上の通販サイトで、国内のオンラインショッピング同様に、誰でも簡単に注文できます。インターネット検索すると、個人輸入代行業者の運営する通販サイトがたくさんヒットします。日本語でのサポートがあるサイトもありますので、電話やメールで問合せてみてください。
注文すると、手元に届くまでに10日ほどかかります。時間を要することを念頭に入れておきましょう。