1月 30 2019

日本国内で、「シアリス」「バイアグラ」や「レビトラ」もしくは「バイアグラ・ジェネリック」といったED治療薬を購入する場合、2つの方法があります。1つは、病院やクリニックに行って受診し、医師より処方されたED治療薬を購入する方法です。もう1つは、個人輸入代行業者が運営する医薬品や日用品などの通販サイトにおいて個人輸入する方法です。

3034873.jpg

インターネット上には、個人輸入代行業者が運営する多くの通販サイトが存在し、取り扱う医薬品も価格も様々です。「シアリス」のジェネリック医薬品である「タダシップ」をオンラインで購入しようとした場合も同様、選びきれないほどの通販サイトが出てくるだけでなく、値段を比較すると、価格がマチマチです。倍近く価格が違うこともあります。

国内の病院やクリニックにおいて、ED治療薬は自由診療の取り扱いなので、「シアリス」の価格は医療機関によって異なります。「バイアグラ」や「レビトラ」も然りです。しかし、個人輸入の通販サイトでの価格のように、倍近く値段が違うことはありません。「タダシップ」の価格があまりにも安いと偽物なのかと疑ってしまいます。実際に、個人輸入代行業者の運営する通販サイトでED治療薬を購入したところ、約6割の薬が偽物だったという製薬会社からの調査結果が出ています。あまり安いのは、疑ったほうがよいでしょう。

では、その残り約4割の本物のED治療薬を購入するには、具体的に何に気をつけたらよいでしょう。正直、正解はありません。ただ言えるのは、通販サイトを立ち上げるのは、コスト的にも技術的にもそんなに難しいことではありません。オンラインショッピングをオープンするのも、撤退するのも簡単なため、通販サイトが氾濫し、その中で信頼できるショップを見つけるのは至難の技です。見極めの参考になることと言ったら、そのショップでクレジットカードが使用できるか、運営会社の住所や連絡先が実在しているか、口コミが充実しているか、日本語の問合せ窓口があるか、などをまずは確認することでしょう。

しかし、安心・安全な通販サイトが見つかれば、個人輸入のメリットを最大に享受することができます。そもそもED治療のため医療機関に通院しているところは誰にも見られたくない知られたくない、というのが心情でしょう。また、加盟している保険組合に受診の履歴や処方歴が報告されることもありません。当然会社に知られることもありません。

あとは、家族に知られないようにできるかどうかです。オンラインショッピングであれば、購入履歴を見られない限りは、知られることはありません。ただ、ひとつだけ、一番の問題が、購入後、輸入手続きを経た後の受取場所が自宅になっているケースでしょう。幸いにも、通販サイトによっては、届け先を郵便局留めにできるところがあります。ご自分で、郵便局まで取りに行けば良いのです。

安心の個人輸入代行サイトはこちら→ED治療薬通販|シアリスジェネリック|お薬ラボ


通販サイトを上手く利用すれば、わざわざ病院やクリニックに出向くこともなく、安価で「タダシップ」を購入でき、さらに、家族に知られないよう郵便局留めにして受け取ることができるのです。