1月 25 2019

ED治療薬として代名詞のようにもなっている「バイアグラ」をはじめ、その後開発された「レビトラ」の両医薬品の問題点を改善し、3番目に開発製造された「シアリス」。この「シアリス」も、国に承認されたED治療薬です。

3034874.jpg

「シアリス」の特徴は、食事にもアルコールにも影響されず、有効成分「タダラフィル」の作用がはじまると最大36時間もの長い時間効果が持続することです。ゆっくり効果があらわれ持続する遅効性のタイプなので、身体への負担も軽く、大変評判が良く、大変魅力的な薬です。今や、バイアグラやレビトラをおさえて、ED治療薬のシェアを半数近く拡大しているほどです。

「タダシップ」は、「シアリス」のジェネリック医薬品として、インド大手製薬会社のシプラ社によって開発・製造・販売されました。実は、「シアリス」自体の特許は未だ切れていないため、ジェネリックが存在することはありえません。しかし、インドの特殊な特許事情により、インドでは存在しうるのです。

医薬品に関して、薬事法が関係してきますが、「タダシップ」は国内未承認薬ですので、医師から処方してもらうことはできません。また、国内の薬局やドラッグストアで販売することも不可能です。

薬事法において、海外の医薬品を個人輸入することは認められています。個人輸入した医薬品を他人へ譲渡したり転売することは禁止されています。他の人の分を一緒に、まとめて輸入することもできません。あくまでも個人で使用する目的で輸入するので、一度に購入できる量は限られています。目安として、個人使用した場合の1か月分か多くても2ヶ月分となります。そして、服用して何かあっても、自己責任で解決しなければなりません。

国内で処方される「シアリス」と比較すると、個人輸入で購入する「タダシップ」は大変割安です。相場的に、病院で処方された場合、「シアリス」20mg1錠がだいたい2,000円です。しかし、シアリス・ジェネリックの「タダシップ」20mg1錠を個人輸入代行業者の通販サイトで購入すると、およそ400円~800円です。まとめ買いすれば、1錠200円~300円ほどになり、更に安価となります。

世界中で人気の「シアリス」もシアリス・ジェネリックの「タダシップ」も、通販サイトでは偽物が結構流通しています。半数近くが偽物だったという調査結果も出ています。偽物は、有効成分が入っていないもの、劣悪な環境で製造されたものなどあり、最悪なのは有害物質が入っている場合です。ED治療薬の役目どころか、命の危険にさらされてしまう可能性もあります。偽物を掴まないためにも、安心できる個人輸入代行業者の運営する通販サイトで購入しましょう。

通販サイトの見分け方として、クレジットカードが利用可能かどうか、レビュー(口コミ)が充実しているかどうか、法人の所在地や連絡先、問合せ窓口がしっかりしているか、などを確認してみてください。

信頼できる業者かどうか見極められない方、初めてED治療薬を服用する方、初めて「シアリス」系を飲む方は、まず国内のクリニックで医師に相談並びに診断を受け、処方してもらってください。これが、一番安心で安全な方法です。一度服用してみれば、どのように効果があらわれるか体感でき、「タダシップ」を個人輸入後服用した際、比較もできます。